豊かな食生活と健康的な生活を送るために必要な色との付き合い方

私たちの体は何でできているでしょうか??

そう、毎日口に入れている食べ物によってできています。

もしも口に入る食べ物がなくなってしまえば私たちは途端に飢餓状態に陥ってしまい、健康に支障を来すことでしょう。

食べられることはとてもありがたいこと

日本中に今ではたくさんの食べ物があふれ、私たちはそれを毎日消費しています。

けれども「これってまずいから捨ててしまえ」とか「腐ってしまったから捨てよう」ということもよくあります。
大量に生み出されている一方、捨てられる食べ物はたくさんあるのです。

捨てられている食品を作るためには

普段の食生活の中でゴミ箱に捨ててしまうような食品を作るためにはたくさんの労力とお金がかかって作られています。

しかし、中には本当にまずくて捨ててしまうようなものも存在するでしょう。

そうした食品の成分表示を眺めてみると「これは確かにまずいといっても致し方ない」というようなものがふくまれています。

食品添加物で作られた食べ物

私たちの食生活に現在欠かせない存在となっているのが、食品添加物です。
食べ物の成分表示を眺めてみると「着色料」とか「保存料」といった名前で様々な成分がいれられているということがよくわかります。
最近人気の低カロリー食品においても同じで、自然にある食べ物を使ったならばカロリーが高くなってしまうところをあえて化学薬品に置き換えることでカロリーを意図的にカットしているのです。

でも、こうした食べ物は案外まずいというものも多くゴミ箱に捨てるケースも少なくありません。

又、短期的にはおいしくておなかを満たすことができるという効用を味わうことができるかも知れませんが長期的に見てみたら「今まで食べてきた食品添加物のおかげで」様々な体の不調が出てきてもおかしくないのです。

このように化学薬品で作られた食品が世の中に出回っている現在において、私たちは自然食品を食生活の中で積極的に取り入れらル事が求められているのかも知れません。

昔は「自然にある食べ物をそのまま売ったところで誰も喜ばないから」という理由からか、訳のわからない味付けをしていた商品であっても現在では自然そのままの素材を生かして発売されていることが多いです。

また、癖があって食べづらいという食品であったとしてもきちんとした調理方法で調理しておけば食べるときに何ら違和感なく食べることができるため私たちの食生活にも取り入れやすくなっています。

体に優しい食べ物との付き合い方を学んでいこう

これから自然食品に関するお話をいくつかしていきたいと思います。

そこで気をつけていただきたいとして、「体に優しい食べ物とはどのような付き合い方をしていけば良いのか」ということです。

決して加工食品の全てが悪いというわけではなく、食べ物との付き合い方が大事ということをおわかり頂きたいと思います。

今では化学薬品だらけだった加工食品も、過去の反省を生かした上で私たちの体に害が及ばないように工夫されている商品も売られています。

もちろん、自然の素材をそのまま生かした食品に比べてみればなかなかそちらに軍配が上がらないと言うこともあるのでしょう。

しかし、自然の素材を生かした食品と体のことを考えて作られた加工食品を上手に組み合わせていくことによりより豊かな食生活を実現することが可能になります。

ストレス無く、また健康的で経済的な食生活の実現のためには食材との付き合い方が鍵を握っているのです。

Read More